借地権のある売地について

一般に売られている土地、売地の中には借地権が付いているものもあります。借地権が付いている土地はそうでない土地に比べて安く、それだけで見ればメリットがあるようにも見えます。しかし、借地権という言葉に不安を抱く方も少なくありません。

そこで借地権の付いている売地というのは具体的にどういったものなのか、買うメリットやデメリットは何なのかについて解説していきます。

そもそも借地権とは?

借地権というのは法律上、建物の所有を目的とする地上権または土地の賃借権のことです。ただ法律上の表現ではあまりよく分からないので平たく言うと、土地を借りて建物を建てられる権利のことを借地権と言います。

一般的に住宅を購入する場合は土地までを含めて買うことになります。しかし、高額な土地を購入するのは大変なので土地を借りる権利ごと住宅を買うケースがあります。この時に購入されるのが借地権付きの住宅です。借地権付きの売地を購入した方は毎月地主の方に地代を支払います。

厳密に言うと借地借家法に基づく借地権には種類がありますが、一般的には土地の貸借権と地上権のことを指して借地権と呼んでいます。借地権付きの住宅を購入したり、所有したりしてもあくまで土地を借りているという扱いになるので固定資産税や都市計画税はかかりません。

一方で建物や土地についていくつかの制約が発生してしまうというデメリットもあります。

借地権付きの売地を購入するデメリット

借地権付きの売地は得てして安いのですが、購入の際にはデメリットに気を付けておく必要があります。最も大きなデメリットとなるのが売却や譲渡、増改築には地主の承諾が必要となることです。借りているのは土地であり、建物は借りているわけではないのですが、増改築などを行う際には土地も影響を受けるのでその都度地主の承諾が必要となります。

売却や譲渡は基本的に土地ごと行うものなので、やはり地主に伝えておく必要があります。また、増改築や名義変更の際には各種の手数料が発生します。こういった問題は購入直後ではなく、数年から数10年後に発生するので悩みとなってしまうことがあります。

逆に言えばこれらをあまりデメリットととらえない方にとっては借地権付きの土地を購入する恩恵を受けやすいといえます。ただし、購入の際にはどのようなデメリットがあるかについて詳しく調べておくことをお勧めします。

借地権付きの売地を購入するメリット

借地付きの売地を購入する最大のメリットはなんと言っても安いことです。土地は基本的に高額なものなので、借地権付きで住宅を購入して土地を借りているという状態にすることで費用を大幅に抑えることが出来ます。

毎月地代を支払わなければなりませんが、固定資産税を支払わなくていいというメリットがあります。一般に固定資産税は地代よりも高額となることが多いので、月間の負担についても借地権付きの住宅の方が安いということになります。

また、必要なくなった場合は借地権を売却することも出来ます。借地権の売却は一般に住宅の売却よりも簡単なので手間がそれほどかかりません。

借地権付きの売地を買うのはお得か?

では借地権付きの売地を購入するのはお得なのでしょうか。もちろん、物件の条件にもよりますが自分の希望に合っているであればお得になる可能性は十分にあるといえます。購入価格、月々の費用のいずれも安く抑えることが出来ます。

建物についての変更を行う際に地主の許可が必要になるデメリットは大きいですが、よっぽど変わったことをしない限りは地主が許可しないということは考えられません。手間はかかるものの、購入を断念するほどのデメリットにはなっていないと考える方も多いです。

また、物件数には限りがあることも踏まえておく必要があります。自分の条件に合う物件を探している中でたまたま借地権付きの土地が見つかるというケースも少なくありません。その場合は購入を検討することをおすすめします。

購入するときのポイント

借地権付きの売地を購入する時には注意しておかなければならないこともあります。一般に物件を購入する場合は周辺の環境を確認しておくという方も多いのではないのでしょうか。借地権付きの物件を購入する場合はそのことに加えて、地主さんがどういった方かを確認することが重要となります。

借地権付きの物件の場合は増改築などの際に地主さんの許可が必要となりますが、地主さんがどういう方か分からないとどうしても許諾が取りにくくなるかもしれません。そのため、事前にどういった方かを確認しておくことが大切です。

ただ、地主さんが高齢になることで住んでいる間に別の方に交代となる可能性もあります。それゆえに引っ越しの段階で話した地主さんと、増改築をする際に話す地主さんが別の人物になるケースもあるので注意が必要です。

借地権付きの売地を購入する際に相談できる人はいる?

借地権付きの売地を購入することにはメリットもありますが、少しややこしい要素もあることは否定できません。分からないことを解決したり、相談したりしたいと思われる方もおられるのではないでしょうか。そういった悩みの相談にのってくれるのが不動産会社です。

不動産会社ごとに借地権付きの土地についての扱いが少し異なります。中にはそういった物件を多く扱い、購入者へのフォローアップも充実しているところもあります。借地権付きの売地を購入することに不安を感じているという場合はそういった不動産会社に相談することをお勧めします。

逆に借地権付きの売地の販売に力を入れていない不動産会社もあるので注意が必要となります。一度不動産会社で話を聞いてから、物件の購入を決めるという方法がお勧めです。不動産会社のサポートがあることによってデメリットの部分はかなり軽減することが出来ます。

借地権は大きく2つに分かれる

借地権は地上権と賃借権に大きく分けることが出来ます。地上権とは土地にある建物などを所有するために土地を利用することが出来る権利のことです。地上権という名前ですが、地価や建物上空の空間も含まれています。貸借権は賃貸人の土地を使用、収益出来る権利のことです。

この権利の場合は所有者が地主のままとなります。一般的に借地権と言えばこちらを指すことが多いです。地上権の場合とは異なり、勝手に土地を売却したりすることは出来ません。逆に言えば地上権を手に入れておけば、地主の許可が無くても物件に変更を加えることが出来ます。